車いすバスケット

障がい者スポーツ続きで、今回はバスケットボール。一月ほど前のブログで紹介したOBでアンダーアーマーに
勤めている小林君ですが、実は彼は生まれつき下肢に障がいを持っていて、普通に歩くぶんには全く問題無いの
ですが、早く走ったりするのは得意ではありません。でもバスケットボールが大好きで、現在、車いすバスケットの
チームに所属してプレーしています。練習を見てきたのですが、これまた「ヤバイ !!」の一言につきます。
自分で車いすを操作してボールを追いかけ、相手をブロックしたり、かわしたりしながら手と腕だけで
シュートする。ハンパない腕力と体力が無ければできないわけで、通常のバスケよりハードに見えます。
さらに相手をブロックする際に車いす同士がぶつかり合うわけです。その迫力は、見ているこっちあが「痛い !!」って
声あげてしまいそうなほどです。車いす格闘技と言っても過言ではないです。今バスケ界はとても熱いです。
昨年から統一プロリーグBリーグが始まり、東京オリンピックでは3 X 3が正式種目に加わり、
そしてパラリンピックでの車いすバスケは歴史もあるので、
是非是非、機会があれば観戦してみてください。「迫力あって面白い !!」

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

東京・代々木の専門学校東京スクール・オブ・ビジネスです。 学校でのイベントや授業風景など、様々な出来事を皆さんにお届けします! 学校へのお問い合わせは「info@tsb-yyg.ac.jp」までメール、またはフリーコール[ 0120-65-6006 ]までご連絡ください。

TSBキャンパスライフダイアリー