SCHOLARSHIP SYSTE EDUCATION LOAN

教育ローン・奨学金制度

奨学金、各種教育ローンを活用して進学をめざす方へ。
各種制度についてご紹介します。

奨学金制度

AO特待生制度

人物・学力とも優れ、かつ将来の目的を明確に持って本校に入学するAO入学生に対して、奨学金として授業料を免除し学業を奨励する制度です。

AO特待生制度
日本学生支援機構

本校に在学し、勉学態度が良好であり、経済的に学費を補う必要のある者に対し、日本学生支援機構より無利息、または低利息で一定額の貸与が受けられます。学種によって、学年や通学形態などで貸与金額が異なります。

日本学生支援機構サイト 進学資金シミュレーター
高等教育の修学支援新制度

「高等教育の修学支援新制度」の授業料減免対象校として認可されました。世帯収入の基準を満たしていて、しっかりとした「学ぶ意欲」と「十分な修学実績」があれば、給付型奨学金(返還/返済の必要のない奨学金)と合わせての支援を受けることができます。

文部科学省特設サイト
東京都育英資金

都内にお住まいの在校生のうち、勉学態度良好であり、経済的に学費を補う必要のある者に対し、東京都から奨学金の貸与が受けられます。詳細は、財団法人東京都私学財団 育英資金担当までお問い合わせください。

東京都私学財団サイト
東京都母子福祉資金・父子福祉資金

都内にお住まいの、20歳未満の子などを扶養している母子家庭の母または父子家庭の父などを対象とした、修学資金および就学支度資金の貸付制度です。詳細は東京都福祉保健局 少子社会対策部育成支援課福祉資金担当までお問い合わせください。

東京都福祉保健局サイト

教育ローン制度

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫(国の教育ローン)は、高校・短大・大学・専修学校・各種学校や、外国の高校・大学などに入学・在学するお子さまをお持ちのご家庭を対象とした、公的な融資制度です。

日本政策金融公庫サイト
みずほ銀行

来店不要で、学校に納入する学費以外にも、教育関連資金全般で利用可能です。すでに自己資金で支払済みの場合でも、支払後1ヶ月以内の申込みは受付可能です。

みずほ銀行教育ローン
株式会社オリエントコーポレーション

大学・専門学校などと提携した教育ローンです。入学金や授業料、教材費などの学納金を保護者さまに代わってオリコが学校へお支払いし、保護者さまは分割払いでオリコにご返済いただきます。オリエントコーポレーションの承認を得られた方が対象です。

Orico 学費サポートプラン
株式会社ジャックス

学費負担者様に代わってジャックスが学費(入学金、授業料など)を学校へ立替払いする制度です。"簡単"で"安心"そして"ゆとり"ある「教育ローン」です。詳細は株式会社ジャックスまでお問合せください。

ジャックスの教育ローン

その他の金融機関

金融機関名 お問い合わせ先
三井住友銀行 0120-923-923
三菱UFJ銀行 0120-860-777
横浜銀行 0120-458-018
りそな銀行 0120-25-8156

※上記以外にも、都市・地方・信託銀行および信用金庫の教育ローンをご利用いただけます。各金融機関によって融資対象や内容、返済方法が異なりますので、詳細については各金融機関にお問い合わせください。

新聞奨学生の提携・協力新聞社

新聞奨学生制度

新聞奨学生制度とは働きながら学ぼうとする学生のための制度です。宿舎や食事も販売所で用意され、学費・生活費を自分でまかなうことができますが、早朝勤務のため体力と強い意志が求められます。

提携・協力新聞社

金融機関名 お問い合わせ先
朝日奨学会 0120-127-733
朝日奨学会
産経新聞奨学会 0120-033-933
産経新聞奨学会
東京新聞奨学会 0120-18-3751
東京新聞奨学会
日本経済新聞育英奨学会 0120-00-5725
日本経済新聞育英奨学会
毎日育英会 0120-098-098
毎日育英会
読売育英奨学会 0120-430-116
読売育英奨学会

お申し込みの前に

本校では新聞奨学生に対し、授業・配達業務それぞれに支障がないよう配慮を行いますが、一部授業に制限がある場合があります。新聞奨学生を検討される方は、お申込み前に必ず本校までご相談ください。

申込手続・申込書類

上記奨学会の資料をご参照ください。
※本校出願時、入学願書の新聞奨学生の希望欄に○印をつけてください。

CONTENT NAVIGATIONコンテンツナビゲーション